万葉集1962番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1962番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1962番について

歌番号

1962番

原文

本人|霍公鳥乎八|希将見|今哉汝来|戀乍居者

訓読

本つ人霍公鳥をやめづらしく今か汝が来る恋ひつつ居れば

かな読み

もとつひと|ほととぎすをや|めづらしく|いまかながくる|こひつつをれば

カタカナ読み

モトツヒト|ホトトギスヲヤ|メヅラシク|イマカナガクル|コヒツツヲレバ

ローマ字読み|大文字

MOTOTSUHITO|HOTOTOGISUOYA|MEZURASHIKU|IMAKANAGAKURU|KOHITSUTSUOREBA

ローマ字読み|小文字

mototsuhito|hototogisuoya|mezurashiku|imakanagakuru|kohitsutsuoreba

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

夏雑歌|動物

校異

特に無し

寛永版本

もとつひと[寛],
ほととぎすをや,[寛]ほとときすをや,
めづらしく,[寛]まれにみむ,
いまかながくる,[寛]いまやなかくる,
こひつつをれば,[寛]こひつつえをれは,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました