万葉集1964番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1964番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1964番について

歌番号

1964番

原文

黙然毛将有|時母鳴奈武|日晩乃|物念時尓|鳴管本名

訓読

黙もあらむ時も鳴かなむひぐらしの物思ふ時に鳴きつつもとな

かな読み

もだもあらむ|ときもなかなむ|ひぐらしの|ものもふときに|なきつつもとな

カタカナ読み

モダモアラム|トキモナカナム|ヒグラシノ|モノモフトキニ|ナキツツモトナ

ローマ字読み|大文字

MODAMOARAMU|TOKIMONAKANAMU|HIGURASHINO|MONOMOFUTOKINI|NAKITSUTSUMOTONA

ローマ字読み|小文字

modamoaramu|tokimonakanamu|higurashino|monomofutokini|nakitsutsumotona

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

夏雑歌|動物

校異

特に無し

寛永版本

もだもあらむ,[寛]もたもあらむ,
ときもなかなむ[寛],
ひぐらしの,[寛]ひくらしの,
ものもふときに,[寛]ものおもふときに,
なきつつもとな[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました