万葉集1938番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1938番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1938番について

歌番号

1938番

原文

客尓為而|妻戀為良思|霍公鳥|神名備山尓|左夜深而鳴

訓読

旅にして妻恋すらし霍公鳥神なび山にさ夜更けて鳴く

かな読み

たびにして|つまごひすらし|ほととぎす|かむなびやまに|さよふけてなく

カタカナ読み

タビニシテ|ツマゴヒスラシ|ホトトギス|カムナビヤマニ|サヨフケテナク

ローマ字読み|大文字

TABINISHITE|TSUMAGOHISURASHI|HOTOTOGISU|KAMUNABIYAMANI|SAYOFUKETENAKU

ローマ字読み|小文字

tabinishite|tsumagohisurashi|hototogisu|kamunabiyamani|sayofuketenaku

左注|左註

右古歌集中出

事項|分類・ジャンル

夏雑歌|古歌集|飛鳥|地名|動物|恋情|羈旅

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

たびにして,[寛]たひにして,
つまごひすらし,[寛]つまこひすらし,
ほととぎす,[寛]ほとときす,
かむなびやまに,[寛]かみなひやまに,
さよふけてなく[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました