万葉集1958番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1958番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1958番について

歌番号

1958番

原文

橘之|林乎殖|霍公鳥|常尓冬及|住度金

訓読

橘の林を植ゑむ霍公鳥常に冬まで棲みわたるがね

かな読み

たちばなの|はやしをうゑむ|ほととぎす|つねにふゆまで|すみわたるがね

カタカナ読み

タチバナノ|ハヤシヲウヱム|ホトトギス|ツネニフユマデ|スミワタルガネ

ローマ字読み|大文字

TACHIBANANO|HAYASHIOEMU|HOTOTOGISU|TSUNENIFUYUMADE|SUMIWATARUGANE

ローマ字読み|小文字

tachibanano|hayashioemu|hototogisu|tsunenifuyumade|sumiwatarugane

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

夏雑歌|植物|動物

校異

特に無し

寛永版本

たちばなの,[寛]たちはなの,
はやしをうゑむ[寛],
ほととぎす,[寛]ほとときす,
つねにふゆまで,[寛]つねにふゆまて,
すみわたるがね,[寛]すみわたるかね,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました