万葉集1973番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1973番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1973番について

歌番号

1973番

原文

吾妹子尓|相市乃花波|落不過|今咲有如|有与奴香聞

訓読

我妹子に楝の花は散り過ぎず今咲けるごとありこせぬかも

かな読み

わぎもこに|あふちのはなは|ちりすぎず|いまさけるごと|ありこせぬかも

カタカナ読み

ワギモコニ|アフチノハナハ|チリスギズ|イマサケルゴト|アリコセヌカモ

ローマ字読み|大文字

WAGIMOKONI|AFUCHINOHANAHA|CHIRISUGIZU|IMASAKERUGOTO|ARIKOSENUKAMO

ローマ字読み|小文字

wagimokoni|afuchinohanaha|chirisugizu|imasakerugoto|arikosenukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

夏雑歌|植物|枕詞|惜別

校異

特に無し

寛永版本

わぎもこに,[寛]わきもこに,
あふちのはなは[寛],
ちりすぎず,[寛]ちりすきす,
いまさけるごと,[寛]いまさけること,
ありこせぬかも,[寛]ありそはぬかも,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました