万葉集1492番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1492番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1492番について

歌番号

1492番

原文

君家乃|花橘者|成尓家利|花乃有時尓|相益物乎

訓読

君が家の花橘はなりにけり花のある時に逢はましものを

かな読み

きみがいへの|はなたちばなは|なりにけり|はななるときに|あはましものを

カタカナ読み

キミガイヘノ|ハナタチバナハ|ナリニケリ|ハナナルトキニ|アハマシモノヲ

ローマ字読み|大文字

KIMIGAIHENO|HANATACHIBANAHA|NARINIKERI|HANANARUTOKINI|AHAMASHIMONO

ローマ字読み|小文字

kimigaiheno|hanatachibanaha|narinikeri|hananarutokini|ahamashimono

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

夏雑歌|宴席|植物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|花乃【類】【紀】(塙)花

寛永版本

きみがいへの,[寛]きみかいへの,
はなたちばなは,[寛]はなたちはなは,
なりにけり[寛],
はななるときに,[寛]はなのさかりに,
あはましものを[寛],

巻数

第8巻

作者

遊行女婦

タイトルとURLをコピーしました