万葉集1975番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1975番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1975番について

歌番号

1975番

原文

不時|玉乎曽連有|宇能花乃|五月乎待者|可久有

訓読

時ならず玉をぞ貫ける卯の花の五月を待たば久しくあるべみ

かな読み

ときならず|たまをぞぬける|うのはなの|さつきをまたば|ひさしくあるべみ

カタカナ読み

トキナラズ|タマヲゾヌケル|ウノハナノ|サツキヲマタバ|ヒサシクアルベミ

ローマ字読み|大文字

TOKINARAZU|TAMAOZONUKERU|UNOHANANO|SATSUKIOMATABA|HISASHIKUARUBEMI

ローマ字読み|小文字

tokinarazu|tamaozonukeru|unohanano|satsukiomataba|hisashikuarubemi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

夏雑歌|植物

校異

特に無し

寛永版本

ときならず,[寛]ときならぬ,
たまをぞぬける,[寛]たまをそぬける,
うのはなの[寛],
さつきをまたば,[寛]さつきをまたは,
ひさしくあるべみ,[寛]ひさしかるへく,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました