万葉集1971番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1971番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1971番について

歌番号

1971番

原文

雨間開而|國見毛将為乎|故郷之|花橘者|散家<武>可聞

訓読

雨間明けて国見もせむを故郷の花橘は散りにけむかも

かな読み

あままあけて|くにみもせむを|ふるさとの|はなたちばなは|ちりにけむかも

カタカナ読み

アママアケテ|クニミモセムヲ|フルサトノ|ハナタチバナハ|チリニケムカモ

ローマ字読み|大文字

AMAMAAKETE|KUNIMIMOSEMUO|FURUSATONO|HANATACHIBANAHA|CHIRINIKEMUKAMO

ローマ字読み|小文字

amamaakete|kunimimosemuo|furusatono|hanatachibanaha|chirinikemukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

夏雑歌|植物|季節

校異

牟->武【元】【類】【紀】

寛永版本

あままあけて[寛],
くにみもせむを[寛],
ふるさとの[寛],
はなたちばなは,[寛]はなたちはなは,
ちりにけむかも[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました