万葉集1959番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1959番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1959番について

歌番号

1959番

原文

雨へ之|雲尓副而|霍公鳥|指春日而|従此鳴度

訓読

雨晴れの雲にたぐひて霍公鳥春日をさしてこゆ鳴き渡る

かな読み

あまばれの|くもにたぐひて|ほととぎす|かすがをさして|こゆなきわたる

カタカナ読み

アマバレノ|クモニタグヒテ|ホトトギス|カスガヲサシテ|コユナキワタル

ローマ字読み|大文字

AMABARENO|KUMONITAGUHITE|HOTOTOGISU|KASUGAOSASHITE|KOYUNAKIWATARU

ローマ字読み|小文字

amabareno|kumonitaguhite|hototogisu|kasugaosashite|koyunakiwataru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

夏雑歌|奈良|地名|動物|叙景

校異

特に無し

寛永版本

あまばれの,[寛]あまはりの,
くもにたぐひて,[寛]くもにたくひて,
ほととぎす,[寛]ほとときす,
かすがをさして,[寛]かすかをさして,
こゆなきわたる[寛],

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました