万葉集1476番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1476番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1476番について

歌番号

1476番

原文

獨居而|物念夕尓|霍公鳥|従此間鳴渡|心四有良思

訓読

ひとり居て物思ふ宵に霍公鳥こゆ鳴き渡る心しあるらし

かな読み

ひとりゐて|ものもふよひに|ほととぎす|こゆなきわたる|こころしあるらし

カタカナ読み

ヒトリヰテ|モノモフヨヒニ|ホトトギス|コユナキワタル|ココロシアルラシ

ローマ字読み|大文字

HITORIITE|MONOMOFUYOHINI|HOTOTOGISU|KOYUNAKIWATARU|KOKOROSHIARURASHI

ローマ字読み|小文字

hitoriite|monomofuyohini|hototogisu|koyunakiwataru|kokoroshiarurashi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

夏雑歌|恋情|動物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

ひとりゐて[寛],
ものもふよひに,[寛]ものおもふよひに,
ほととぎす,[寛]ほとときす,
こゆなきわたる[寛],
こころしあるらし,[寛]こころしてあるらし,

巻数

第8巻

作者

小治田広耳

タイトルとURLをコピーしました