万葉集1953番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1953番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1953番について

歌番号

1953番

原文

五月山|宇能花月夜|霍公鳥|雖聞不飽|又鳴鴨

訓読

五月山卯の花月夜霍公鳥聞けども飽かずまた鳴かぬかも

かな読み

さつきやま|うのはなづくよ|ほととぎす|きけどもあかず|またなかぬかも

カタカナ読み

サツキヤマ|ウノハナヅクヨ|ホトトギス|キケドモアカズ|マタナカヌカモ

ローマ字読み|大文字

SATSUKIYAMA|UNOHANAZUKUYO|HOTOTOGISU|KIKEDOMOAKAZU|MATANAKANUKAMO

ローマ字読み|小文字

satsukiyama|unohanazukuyo|hototogisu|kikedomoakazu|matanakanukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

夏雑歌|植物|動物

校異

特に無し

寛永版本

さつきやま[寛],
うのはなづくよ,[寛]うのはなつきよ,
ほととぎす,[寛]ほとときす,
きけどもあかず,[寛]きけともあかす,
またなかぬかも,[寛]またなかむかも,

巻数

第10巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました