万葉集1479番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1479番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1479番について

歌番号

1479番

原文

隠耳|居者欝悒|奈具左武登|出立聞者|来鳴日晩

訓読

隠りのみ居ればいぶせみ慰むと出で立ち聞けば来鳴くひぐらし

かな読み

こもりのみ|をればいぶせみ|なぐさむと|いでたちきけば|きなくひぐらし

カタカナ読み

コモリノミ|ヲレバイブセミ|ナグサムト|イデタチキケバ|キナクヒグラシ

ローマ字読み|大文字

KOMORINOMI|OREBAIBUSEMI|NAGUSAMUTO|IDETACHIKIKEBA|KINAKUHIGURASHI

ローマ字読み|小文字

komorinomi|orebaibusemi|nagusamuto|idetachikikeba|kinakuhigurashi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

夏雑歌|鬱屈|動物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

こもりのみ,[寛]しのひのみ,
をればいぶせみ,[寛]をれはいふかし,
なぐさむと,[寛]なくさむと,
いでたちきけば,[寛]いてたちきけは,
きなくひぐらし,[寛]きなくひくらし,

巻数

第8巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました