相聞

スポンサーリンク
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4478番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4478番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4478番について歌番号4478番原文佐保河波尓|許保里和多礼流|宇須良婢乃|宇須伎許己呂乎|和我於毛波奈久尓訓読佐保川に凍りわたれる薄ら氷の薄き心を我が思はなくにかな読みさ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4479番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4479番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4479番について歌番号4479番原文安佐欲比尓|祢能未之奈氣婆|夜伎多知能|刀其己呂毛安礼|於母比加祢都毛訓読朝夕に音のみし泣けば焼き太刀の利心も我れは思ひかねつもかな読み...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3566番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3566番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3566番について歌番号3566番原文和伎毛古尓|安我古非思奈婆|曽和敝可毛|加未尓於保世牟|己許呂思良受弖訓読我妹子に我が恋ひ死なばそわへかも神に負ほせむ心知らずてかな読み...
スポンサーリンク
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3567番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3567番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3567番について歌番号3567番原文於伎弖伊可婆|伊毛婆麻可奈之|母知弖由久|安都佐能由美乃|由都可尓母我毛訓読置きて行かば妹はま愛し持ちて行く梓の弓の弓束にもがもかな読み...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3568番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3568番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3568番について歌番号3568番原文於久礼為弖|古非波久流思母|安佐我里能|伎美我由美尓母|奈良麻思物能乎訓読後れ居て恋ひば苦しも朝猟の君が弓にもならましものをかな読みおく...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3569番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3569番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3569番について歌番号3569番原文佐伎母理尓|多知之安佐氣乃|可奈刀R尓|手婆奈礼乎思美|奈吉思兒良母訓読防人に立ちし朝開の金戸出にたばなれ惜しみ泣きし子らはもかな読みさ...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3570番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3570番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3570番について歌番号3570番原文安之能葉尓|由布宜里多知弖|可母我鳴乃|左牟伎由布敝思|奈乎波思努波牟訓読葦の葉に夕霧立ちて鴨が音の寒き夕し汝をば偲はむかな読みあしのは...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3571番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3571番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3571番について歌番号3571番原文於能豆麻乎|比登乃左刀尓於吉|於保々思久|見都々曽伎奴流|許能美知乃安比太訓読己妻を人の里に置きおほほしく見つつぞ来ぬるこの道の間かな読...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3560番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3560番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3560番について歌番号3560番原文麻可祢布久|尓布能麻曽保乃|伊呂尓R|伊波奈久能未曽|安我古布良久波訓読ま金ふく丹生のま朱の色に出て言はなくのみぞ我が恋ふらくはかな読み...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3545番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3545番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3545番について歌番号3545番原文安須可河泊|世久登之里世波|安麻多欲母|為祢弖己麻思乎|世久得四里世訓読あすか川堰くと知りせばあまた夜も率寝て来ましを堰くと知りせばかな...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3561番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3561番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3561番について歌番号3561番原文可奈刀田乎|安良我伎麻由美|比賀刀礼婆|阿米乎万刀能須|伎美乎等麻刀母訓読金門田を荒垣ま斎み日が照れば雨を待とのす君をと待ともかな読みか...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3546番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3546番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3546番について歌番号3546番原文安乎楊木能|波良路可波刀尓|奈乎麻都等|西美度波久末受|多知度奈良須母訓読青柳の張らろ川門に汝を待つと清水は汲まず立ち処平すもかな読みあ...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3562番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3562番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3562番について歌番号3562番原文安里蘇夜尓|於布流多麻母乃|宇知奈婢伎|比登里夜宿良牟|安乎麻知可祢弖訓読荒礒やに生ふる玉藻のうち靡きひとりや寝らむ我を待ちかねてかな読...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3547番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3547番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3547番について歌番号3547番原文阿遅乃須牟|須沙能伊利江乃|許母理沼乃|安奈伊伎豆加思|美受比佐尓指天訓読あぢの棲む須沙の入江の隠り沼のあな息づかし見ず久にしてかな読み...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3563番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3563番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3563番について歌番号3563番原文比多我多能|伊蘇乃和可米乃|多知美太要|和乎可麻都那毛|伎曽毛己余必母訓読比多潟の礒のわかめの立ち乱え我をか待つなも昨夜も今夜もかな読み...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3548番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3548番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3548番について歌番号3548番原文奈流世尓|木都能余須奈須|伊等能伎提|可奈思家世呂尓|比等佐敝余須母訓読鳴る瀬ろにこつの寄すなすいとのきて愛しけ背ろに人さへ寄すもかな読...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3564番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3564番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3564番について歌番号3564番原文古須氣呂乃|宇良布久可是能|安騰須酒香|可奈之家兒呂乎|於毛比須吾左牟訓読古須気ろの浦吹く風のあどすすか愛しけ子ろを思ひ過ごさむかな読み...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3549番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3549番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3549番について歌番号3549番原文多由比我多|志保弥知和多流|伊豆由可母|加奈之伎世呂我|和賀利可欲波牟訓読多由比潟潮満ちわたるいづゆかも愛しき背ろが我がり通はむかな読み...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3565番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3565番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3565番について歌番号3565番原文可能古呂等|宿受夜奈里奈牟|波太須酒伎|宇良野乃夜麻尓|都久可多与留母訓読かの子ろと寝ずやなりなむはだすすき宇良野の山に月片寄るもかな読...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3550番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3550番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3550番について歌番号3550番原文於志弖伊奈等|伊祢波都可祢杼|奈美乃保能|伊多夫良思毛与|伎曽比登里宿而訓読おしていなと稲は搗かねど波の穂のいたぶらしもよ昨夜ひとり寝て...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3551番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3551番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3551番について歌番号3551番原文阿遅可麻能|可多尓左久奈美|比良湍尓母|比毛登久毛能可|加奈思家乎於吉弖訓読阿遅可麻の潟にさく波平瀬にも紐解くものか愛しけを置きてかな読...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3552番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3552番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3552番について歌番号3552番原文麻都我宇良尓|佐和恵宇良太知|麻比其等|於毛抱須奈母呂|和賀母抱乃須毛訓読まつが浦にさわゑうら立ちま人言思ほすなもろ我が思ほのすもかな読...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3553番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3553番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3553番について歌番号3553番原文安治可麻能|可家能水奈刀尓|伊流思保乃|許弖多受久毛可|伊里弖祢麻久母訓読あじかまの可家の港に入る潮のこてたずくもが入りて寝まくもかな読...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3554番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3554番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3554番について歌番号3554番原文伊毛我奴流|等許安多理尓|伊波具久留|水都尓母我毛与|伊里弖祢末久母訓読妹が寝る床のあたりに岩ぐくる水にもがもよ入りて寝まくもかな読みい...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3555番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3555番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3555番について歌番号3555番原文麻久良我乃|許我能和多利乃|可良加治乃|於太可思母奈|宿莫敝兒由恵尓訓読麻久良我の許我の渡りの韓楫の音高しもな寝なへ子ゆゑにかな読みまく...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3556番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3556番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3556番について歌番号3556番原文思保夫祢能|於可礼婆可奈之|左宿都礼婆|比登其等思氣志|那乎杼可母思武訓読潮船の置かれば愛しさ寝つれば人言繁し汝をどかもしむかな読みしほ...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3557番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3557番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3557番について歌番号3557番原文奈夜麻思家|比登都麻可母与|許具布祢能|和須礼波勢奈那|伊夜母比麻須尓訓読悩ましけ人妻かもよ漕ぐ舟の忘れはせなないや思ひ増すにかな読みな...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3558番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3558番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3558番について歌番号3558番原文安波受之弖|由加婆乎思家牟|麻久良我能|許賀己具布祢尓|伎美毛安波奴可毛訓読逢はずして行かば惜しけむ麻久良我の許我漕ぐ船に君も逢はぬかも...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3559番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3559番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3559番について歌番号3559番原文於保夫祢乎|倍由毛登母由毛|可多米提之|許曽能左刀妣等|阿良波左米可母訓読大船を舳ゆも艫ゆも堅めてし許曽の里人あらはさめかもかな読みおほ...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3530番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3530番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3530番について歌番号3530番原文左乎思鹿能|布須也久草無良|見要受等母|兒呂我可奈門欲|由可久之要思母訓読さを鹿の伏すや草むら見えずとも子ろが金門よ行かくしえしもかな読...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3544番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3544番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3544番について歌番号3544番原文阿須可河泊|之多尓其礼留乎|之良受思天|勢奈那登布多理|左宿而久也思母訓読あすか川下濁れるを知らずして背ななと二人さ寝て悔しもかな読みあ...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3531番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3531番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3531番について歌番号3531番原文伊母乎許曽|安比美尓許思可|麻欲婢吉能|与許夜麻敝呂能|思之奈須於母敝流訓読妹をこそ相見に来しか眉引きの横山辺ろの獣なす思へるかな読みい...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3532番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3532番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3532番について歌番号3532番原文波流能野尓|久佐波牟古麻能|久知夜麻受|安乎思努布良武|伊敝乃兒呂波母訓読春の野に草食む駒の口やまず我を偲ふらむ家の子ろはもかな読みはる...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3533番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3533番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3533番について歌番号3533番原文比登乃兒乃|可奈思家之太波|々麻渚杼里|安奈由牟古麻能|乎之家口母奈思訓読人の子の愛しけしだは浜洲鳥足悩む駒の惜しけくもなしかな読みひと...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3534番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3534番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3534番について歌番号3534番原文安可胡麻我|可度弖乎思都々|伊弖可天尓|世之乎見多弖思|伊敝能兒良波母訓読赤駒が門出をしつつ出でかてにせしを見立てし家の子らはもかな読み...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3535番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3535番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3535番について歌番号3535番原文於能我乎遠|於保尓奈於毛比曽|尓波尓多知|恵麻須我可良尓|古麻尓安布毛能乎訓読己が命をおほにな思ひそ庭に立ち笑ますがからに駒に逢ふものを...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3536番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3536番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3536番について歌番号3536番原文安加胡麻乎|宇知弖左乎妣吉|己許呂妣吉|伊可奈流勢奈可|和我理許武等伊布訓読赤駒を打ちてさ緒引き心引きいかなる背なか我がり来むと言ふかな...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3537番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3537番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3537番について歌番号3537番原文久敝胡之尓|武藝波武古宇馬能|波都々々尓|安比見之兒良之|安夜尓可奈思母訓読くへ越しに麦食む小馬のはつはつに相見し子らしあやに愛しもかな...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3537S番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3537S番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3537S番について歌番号3537異伝歌番原文宇麻勢胡之|牟伎波武古麻能|波都々々尓|仁必波太布礼思|古呂之可奈思母訓読馬柵越し麦食む駒のはつはつに新肌触れし子ろし愛しもか...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3538番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3538番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3538番について歌番号3538番原文比呂波之乎|宇馬古思我祢弖|己許呂能未|伊母我理夜里弖|和波己許尓思天訓読広橋を馬越しがねて心のみ妹がり遣りて我はここにしてかな読みひろ...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3538S番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3538S番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3538S番について歌番号3538異伝歌番原文乎波夜之尓|古麻乎波左佐氣訓読小林に駒を馳ささげかな読みをばやしに|こまをはささげカタカナ読みヲバヤシニ|コマヲハササゲローマ...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3539番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3539番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3539番について歌番号3539番原文安受乃宇敝尓|古馬乎都奈伎弖|安夜抱可等|比等豆麻古呂乎|伊吉尓和我須流訓読あずの上に駒を繋ぎて危ほかど人妻子ろを息に我がするかな読みあ...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3540番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3540番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3540番について歌番号3540番原文左和多里能|手兒尓伊由伎安比|安可胡麻我|安我伎乎波夜未|許等登波受伎奴訓読左和多里の手児にい行き逢ひ赤駒が足掻きを速み言問はず来ぬかな...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3527番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3527番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3527番について歌番号3527番原文於吉尓須毛|乎加母乃毛己呂|也左可杼利|伊伎豆久伊毛乎|於伎弖伎努可母訓読沖に住も小鴨のもころ八尺鳥息づく妹を置きて来のかもかな読みおき...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3541番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3541番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3541番について歌番号3541番原文安受倍可良|古麻由胡能須|安也波刀文|比豆麻古呂乎|麻由可西良布母訓読あずへから駒の行ごのす危はとも人妻子ろをまゆかせらふもかな読みあず...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3528番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3528番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3528番について歌番号3528番原文水都等利乃|多々武与曽比尓|伊母能良尓|毛乃伊波受伎尓弖|於毛比可祢都母訓読水鳥の立たむ装ひに妹のらに物言はず来にて思ひかねつもかな読み...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3542番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3542番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3542番について歌番号3542番原文射礼伊思尓|古馬乎波佐世弖|己許呂伊多美|安我毛布伊毛我|伊敝安多里可聞訓読さざれ石に駒を馳させて心痛み我が思ふ妹が家のあたりかもかな読...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3529番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3529番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3529番について歌番号3529番原文等夜乃野尓|乎佐藝祢良波里|乎佐乎左毛|祢奈敝古由恵尓|波伴尓許呂波要訓読等夜の野に兎ねらはりをさをさも寝なへ子ゆゑに母に嘖はえかな読み...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3543番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3543番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3543番について歌番号3543番原文武路我夜乃|都留能都追美乃|那利奴賀尓|古呂波伊敝母|伊末太那久尓訓読むろがやの都留の堤の成りぬがに子ろは言へどもいまだ寝なくにかな読み...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3514番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3514番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3514番について歌番号3514番原文多可伎祢尓|久毛能都久能須|和礼左倍尓|伎美尓都吉奈那|多可祢等毛比弖訓読高き嶺に雲のつくのす我れさへに君につきなな高嶺と思ひてかな読み...
タイトルとURLをコピーしました