相聞

スポンサーリンク
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4478番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4478番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4478番について歌番号4478番原文佐保河波尓|許保里和多礼流|宇須良婢乃|宇須伎許己呂乎|和我於毛波奈久尓訓読佐保川に凍りわたれる薄ら氷の薄き心を我が思はなくにかな読みさ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4479番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4479番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4479番について歌番号4479番原文安佐欲比尓|祢能未之奈氣婆|夜伎多知能|刀其己呂毛安礼|於母比加祢都毛訓読朝夕に音のみし泣けば焼き太刀の利心も我れは思ひかねつもかな読み...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3566番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3566番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3566番について歌番号3566番原文和伎毛古尓|安我古非思奈婆|曽和敝可毛|加未尓於保世牟|己許呂思良受弖訓読我妹子に我が恋ひ死なばそわへかも神に負ほせむ心知らずてかな読み...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3567番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3567番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3567番について歌番号3567番原文於伎弖伊可婆|伊毛婆麻可奈之|母知弖由久|安都佐能由美乃|由都可尓母我毛訓読置きて行かば妹はま愛し持ちて行く梓の弓の弓束にもがもかな読み...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3568番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3568番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3568番について歌番号3568番原文於久礼為弖|古非波久流思母|安佐我里能|伎美我由美尓母|奈良麻思物能乎訓読後れ居て恋ひば苦しも朝猟の君が弓にもならましものをかな読みおく...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3569番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3569番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3569番について歌番号3569番原文佐伎母理尓|多知之安佐氣乃|可奈刀R尓|手婆奈礼乎思美|奈吉思兒良母訓読防人に立ちし朝開の金戸出にたばなれ惜しみ泣きし子らはもかな読みさ...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3570番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3570番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3570番について歌番号3570番原文安之能葉尓|由布宜里多知弖|可母我鳴乃|左牟伎由布敝思|奈乎波思努波牟訓読葦の葉に夕霧立ちて鴨が音の寒き夕し汝をば偲はむかな読みあしのは...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3571番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3571番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3571番について歌番号3571番原文於能豆麻乎|比登乃左刀尓於吉|於保々思久|見都々曽伎奴流|許能美知乃安比太訓読己妻を人の里に置きおほほしく見つつぞ来ぬるこの道の間かな読...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3560番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3560番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3560番について歌番号3560番原文麻可祢布久|尓布能麻曽保乃|伊呂尓R|伊波奈久能未曽|安我古布良久波訓読ま金ふく丹生のま朱の色に出て言はなくのみぞ我が恋ふらくはかな読み...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3545番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3545番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3545番について歌番号3545番原文安須可河泊|世久登之里世波|安麻多欲母|為祢弖己麻思乎|世久得四里世訓読あすか川堰くと知りせばあまた夜も率寝て来ましを堰くと知りせばかな...
タイトルとURLをコピーしました