万葉集3538番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3538番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3538番について

歌番号

3538番

原文

比呂波之乎|宇馬古思我祢弖|己許呂能未|伊母我理夜里弖|和波己許尓思天

訓読

広橋を馬越しがねて心のみ妹がり遣りて我はここにして

かな読み

ひろはしを|うまこしがねて|こころのみ|いもがりやりて|わはここにして

カタカナ読み

ヒロハシヲ|ウマコシガネテ|ココロノミ|イモガリヤリテ|ワハココニシテ

ローマ字読み|大文字

HIROHASHIO|UMAKOSHIGANETE|KOKORONOMI|IMOGARIYARITE|WAHAKOKONISHITE

ローマ字読み|小文字

hirohashio|umakoshiganete|kokoronomi|imogariyarite|wahakokonishite

左注|左註

或本歌發句曰|乎波夜之尓|古麻乎波左佐氣

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|異伝|尫柜蹋|恋情|動物

校異

特に無し

寛永版本

ひろはしを[寛],
うまこしがねて,[寛]うまこしかねて,
こころのみ[寛],
いもがりやりて,[寛]いもかりやりて,
わはここにして[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました