万葉集3570番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3570番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3570番について

歌番号

3570番

原文

安之能葉尓|由布宜里多知弖|可母我鳴乃|左牟伎由布敝思|奈乎波思努波牟

訓読

葦の葉に夕霧立ちて鴨が音の寒き夕し汝をば偲はむ

かな読み

あしのはに|ゆふぎりたちて|かもがねの|さむきゆふへし|なをばしのはむ

カタカナ読み

アシノハニ|ユフギリタチテ|カモガネノ|サムキユフヘシ|ナヲバシノハム

ローマ字読み|大文字

ASHINOHANI|YUFUGIRITACHITE|KAMOGANENO|SAMUKIYUFUHESHI|NAOBASHINOHAMU

ローマ字読み|小文字

ashinohani|yufugiritachite|kamoganeno|samukiyufuheshi|naobashinohamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|動物|望郷|恋情

校異

特に無し

寛永版本

あしのはに[寛],
ゆふぎりたちて,[寛]ゆふきりたちて,
かもがねの,[寛]かもかねの,
さむきゆふへし[寛],
なをばしのはむ,[寛]なをはしのはむ,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました