万葉集3571番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3571番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3571番について

歌番号

3571番

原文

於能豆麻乎|比登乃左刀尓於吉|於保々思久|見都々曽伎奴流|許能美知乃安比太

訓読

己妻を人の里に置きおほほしく見つつぞ来ぬるこの道の間

かな読み

おのづまを|ひとのさとにおき|おほほしく|みつつぞきぬる|このみちのあひだ

カタカナ読み

オノヅマヲ|ヒトノサトニオキ|オホホシク|ミツツゾキヌル|コノミチノアヒダ

ローマ字読み|大文字

ONOZUMAO|HITONOSATONIOKI|OHOHOSHIKU|MITSUTSUZOKINURU|KONOMICHINOAHIDA

ローマ字読み|小文字

onozumao|hitonosatonioki|ohohoshiku|mitsutsuzokinuru|konomichinoahida

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|防人|望郷|不安|恋情

校異

特に無し

寛永版本

おのづまを,[寛]おのつまを,
ひとのさとにおき[寛],
おほほしく[寛],
みつつぞきぬる,[寛]みつつそきぬる,
このみちのあひだ,[寛]このみちのあひた,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました