万葉集3507番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3507番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3507番について

歌番号

3507番

原文

多尓世婆美|弥<年>尓波比多流|多麻可豆良|多延武能己許呂|和我母波奈久尓

訓読

谷狭み峰に延ひたる玉葛絶えむの心我が思はなくに

かな読み

たにせばみ|みねにはひたる|たまかづら|たえむのこころ|わがもはなくに

カタカナ読み

タニセバミ|ミネニハヒタル|タマカヅラ|タエムノココロ|ワガモハナクニ

ローマ字読み|大文字

TANISEBAMI|MINENIHAHITARU|TAMAKAZURA|TAEMUNOKOKORO|WAGAMOHANAKUNI

ローマ字読み|小文字

tanisebami|minenihahitaru|tamakazura|taemunokokoro|wagamohanakuni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|植物|序詞|恋情

校異

羊->年【類】【古】【紀】

寛永版本

たにせばみ,[寛]たにせはみ,
みねにはひたる[寛],
たまかづら,[寛]たまかつら,
たえむのこころ[寛],
わがもはなくに,[寛]わかもはなくに,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました