万葉集3543番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3543番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3543番について

歌番号

3543番

原文

武路我夜乃|都留能都追美乃|那利奴賀尓|古呂波伊敝<杼>母|伊末太<年>那久尓

訓読

むろがやの都留の堤の成りぬがに子ろは言へどもいまだ寝なくに

かな読み

むろがやの|つるのつつみの|なりぬがに|ころはいへども|いまだねなくに

カタカナ読み

ムロガヤノ|ツルノツツミノ|ナリヌガニ|コロハイヘドモ|イマダネナクニ

ローマ字読み|大文字

MUROGAYANO|TSURUNOTSUTSUMINO|NARINUGANI|KOROHAIHEDOMO|IMADANENAKUNI

ローマ字読み|小文字

murogayano|tsurunotsutsumino|narinugani|korohaihedomo|imadanenakuni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|地名|山梨県|上野原町|恋情

校異

抒->杼【類】【細】|羊->年【元】【類】【紀】

寛永版本

むろがやの,[寛]むろかやの,
つるのつつみの[寛],
なりぬがに,[寛]なりぬかに,
ころはいへども,[寛]ころはいへとも,
いまだねなくに,[寛]いまたねなくに,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました