万葉集3549番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3549番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3549番について

歌番号

3549番

原文

多由比我多|志保弥知和多流|伊豆由可母|加奈之伎世呂我|和賀利可欲波牟

訓読

多由比潟潮満ちわたるいづゆかも愛しき背ろが我がり通はむ

かな読み

たゆひがた|しほみちわたる|いづゆかも|かなしきせろが|わがりかよはむ

カタカナ読み

タユヒガタ|シホミチワタル|イヅユカモ|カナシキセロガ|ワガリカヨハム

ローマ字読み|大文字

TAYUHIGATA|SHIHOMICHIWATARU|IZUYUKAMO|KANASHIKISEROGA|WAGARIKAYOHAMU

ローマ字読み|小文字

tayuhigata|shihomichiwataru|izuyukamo|kanashikiseroga|wagarikayohamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|地名|福井県|恋情|女歌|妻問媿

校異

特に無し

寛永版本

たゆひがた,[寛]たゆひかた,
しほみちわたる[寛],
いづゆかも,[寛]いつゆかも,
かなしきせろが,[寛]かなしきせろか,
わがりかよはむ,[寛]わかりかよはむ,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました