万葉集3551番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3551番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3551番について

歌番号

3551番

原文

阿遅可麻能|可多尓左久奈美|比良湍尓母|比毛登久毛能可|加奈思家乎於吉弖

訓読

阿遅可麻の潟にさく波平瀬にも紐解くものか愛しけを置きて

かな読み

あぢかまの|かたにさくなみ|ひらせにも|ひもとくものか|かなしけをおきて

カタカナ読み

アヂカマノ|カタニサクナミ|ヒラセニモ|ヒモトクモノカ|カナシケヲオキテ

ローマ字読み|大文字

AJIKAMANO|KATANISAKUNAMI|HIRASENIMO|HIMOTOKUMONOKA|KANASHIKEOKITE

ローマ字読み|小文字

ajikamano|katanisakunami|hirasenimo|himotokumonoka|kanashikeokite

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|地名|恋情|女歌|序詞|浮気

校異

特に無し

寛永版本

あぢかまの,[寛]あちかまの,
かたにさくなみ[寛],
ひらせにも[寛],
ひもとくものか,[寛]ももとくものか,
かなしけをおきて,[寛]かなしけをおきて,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました