万葉集3531番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3531番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3531番について

歌番号

3531番

原文

伊母乎許曽|安比美尓許思可|麻欲婢吉能|与許夜麻敝呂能|思之奈須於母敝流

訓読

妹をこそ相見に来しか眉引きの横山辺ろの獣なす思へる

かな読み

いもをこそ|あひみにこしか|まよびきの|よこやまへろの|ししなすおもへる

カタカナ読み

イモヲコソ|アヒミニコシカ|マヨビキノ|ヨコヤマヘロノ|シシナスオモヘル

ローマ字読み|大文字

IMOKOSO|AHIMINIKOSHIKA|MAYOBIKINO|YOKOYAMAHERONO|SHISHINASUOMOHERU

ローマ字読み|小文字

imokoso|ahiminikoshika|mayobikino|yokoyamaherono|shishinasuomoheru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|枕詞|恋愛|怨恨|動物

校異

特に無し

寛永版本

いもをこそ[寛],
あひみにこしか[寛],
まよびきの,[寛]まよひきの,
よこやまへろの[寛],
ししなすおもへる[寛]

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました