万葉集3562番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3562番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3562番について

歌番号

3562番

原文

安里蘇夜尓|於布流多麻母乃|宇知奈婢伎|比登里夜宿良牟|安乎麻知可祢弖

訓読

荒礒やに生ふる玉藻のうち靡きひとりや寝らむ我を待ちかねて

かな読み

ありそやに|おふるたまもの|うちなびき|ひとりやぬらむ|あをまちかねて

カタカナ読み

アリソヤニ|オフルタマモノ|ウチナビキ|ヒトリヤヌラム|アヲマチカネテ

ローマ字読み|大文字

ARISOYANI|OFURUTAMAMONO|UCHINABIKI|HITORIYANURAMU|AOMACHIKANETE

ローマ字読み|小文字

arisoyani|ofurutamamono|uchinabiki|hitoriyanuramu|aomachikanete

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|植物|序詞|恋情|孤独

校異

特に無し

寛永版本

ありそやに[寛],
おふるたまもの[寛],
うちなびき,[寛]うちなひき,
ひとりやぬらむ[寛],
あをまちかねて[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました