万葉集3540番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3540番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3540番について

歌番号

3540番

原文

左和多里能|手兒尓伊由伎安比|安可胡麻我|安我伎乎波夜未|許等登波受伎奴

訓読

左和多里の手児にい行き逢ひ赤駒が足掻きを速み言問はず来ぬ

かな読み

さわたりの|てごにいゆきあひ|あかごまが|あがきをはやみ|こととはずきぬ

カタカナ読み

サワタリノ|テゴニイユキアヒ|アカゴマガ|アガキヲハヤミ|コトトハズキヌ

ローマ字読み|大文字

SAWATARINO|TEGONIIYUKIAHI|AKAGOMAGA|AGAKIOHAYAMI|KOTOTOHAZUKINU

ローマ字読み|小文字

sawatarino|tegoniiyukiahi|akagomaga|agakiohayami|kototohazukinu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|地名|群馬県|動物|恋情

校異

特に無し

寛永版本

さわたりの[寛],
てごにいゆきあひ,[寛]てこにいゆきあひ,
あかごまが,[寛]あかこまか,
あがきをはやみ,[寛]あかきをはやみ,
こととはずきぬ,[寛]こととはすきぬ,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました