万葉集3567番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3567番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3567番について

歌番号

3567番

原文

於伎弖伊可婆|伊毛婆麻可奈之|母知弖由久|安都佐能由美乃|由都可尓母我毛

訓読

置きて行かば妹はま愛し持ちて行く梓の弓の弓束にもがも

かな読み

おきていかば|いもはまかなし|もちてゆく|あづさのゆみの|ゆづかにもがも

カタカナ読み

オキテイカバ|イモハマカナシ|モチテユク|アヅサノユミノ|ユヅカニモガモ

ローマ字読み|大文字

OKITEIKABA|IMOHAMAKANASHI|MOCHITEYUKU|AZUSANOYUMINO|YUZUKANIMOGAMO

ローマ字読み|小文字

okiteikaba|imohamakanashi|mochiteyuku|azusanoyumino|yuzukanimogamo

左注|左註

右二首<問>答

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|恋情|出発

校異

特に無し

寛永版本

おきていかば,[寛]おきていかは,
いもはまかなし[寛],
もちてゆく[寛],
あづさのゆみの,[寛]あつさのゆみの,
ゆづかにもがも,[寛]ゆつかにもかも,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました