万葉集3556番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3556番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3556番について

歌番号

3556番

原文

思保夫祢能|於可礼婆可奈之|左宿都礼婆|比登其等思氣志|那乎杼可母思武

訓読

潮船の置かれば愛しさ寝つれば人言繁し汝をどかもしむ

かな読み

しほぶねの|おかればかなし|さねつれば|ひとごとしげし|なをどかもしむ

カタカナ読み

シホブネノ|オカレバカナシ|サネツレバ|ヒトゴトシゲシ|ナヲドカモシム

ローマ字読み|大文字

SHIHOBUNENO|OKAREBAKANASHI|SANETSUREBA|HITOGOTOSHIGESHI|NAODOKAMOSHIMU

ローマ字読み|小文字

shihobuneno|okarebakanashi|sanetsureba|hitogotoshigeshi|naodokamoshimu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|枕詞|恋情|尫柜蹋

校異

特に無し

寛永版本

しほぶねの,[寛]しほふねの,
おかればかなし,[寛]おかれはかなし,
さねつれば,[寛]さねつれは,
ひとごとしげし,[寛]ひとことしけし,
なをどかもしむ,[寛]なをとかもしむ,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました