万葉集3559番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3559番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3559番について

歌番号

3559番

原文

於保夫祢乎|倍由毛登母由毛|可多米提之|許曽能左刀妣等|阿良波左米可母

訓読

大船を舳ゆも艫ゆも堅めてし許曽の里人あらはさめかも

かな読み

おほぶねを|へゆもともゆも|かためてし|こそのさとびと|あらはさめかも

カタカナ読み

オホブネヲ|ヘユモトモユモ|カタメテシ|コソノサトビト|アラハサメカモ

ローマ字読み|大文字

OHOBUNEO|HEYUMOTOMOYUMO|KATAMETESHI|KOSONOSATOBITO|ARAHASAMEKAMO

ローマ字読み|小文字

ohobuneo|heyumotomoyumo|katameteshi|kosonosatobito|arahasamekamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|序詞|尫柜蹋|恋愛|地名

校異

特に無し

寛永版本

おほぶねを,[寛]おほふねを,
へゆもともゆも[寛],
かためてし[寛],
こそのさとびと,[寛]こそのさとひと,
あらはさめかも[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました