万葉集3545番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3545番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3545番について

歌番号

3545番

原文

安須可河泊|世久登之里世波|安麻多欲母|為祢弖己麻思乎|世久得四里世<婆>

訓読

あすか川堰くと知りせばあまた夜も率寝て来ましを堰くと知りせば

かな読み

あすかがは|せくとしりせば|あまたよも|ゐねてこましを|せくとしりせば

カタカナ読み

アスカガハ|セクトシリセバ|アマタヨモ|ヰネテコマシヲ|セクトシリセバ

ローマ字読み|大文字

ASUKAGAHA|SEKUTOSHIRISEBA|AMATAYOMO|INETEKOMASHIO|SEKUTOSHIRISEBA

ローマ字読み|小文字

asukagaha|sekutoshiriseba|amatayomo|inetekomashio|sekutoshiriseba

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|明日香|奈良|地名|恋情

校異

泊【元】【紀】伯|波->婆【元】【類】【紀】

寛永版本

あすかがは,[寛]あすかかは,
せくとしりせば,[寛]せくとしりせは,
あまたよも[寛],
ゐねてこましを[寛],
せくとしりせば,[寛]せくとしりせは,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました