万葉集3537番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3537番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3537番について

歌番号

3537番

原文

久敝胡之尓|武藝波武古宇馬能|波都々々尓|安比見之兒良之|安夜尓可奈思母

訓読

くへ越しに麦食む小馬のはつはつに相見し子らしあやに愛しも

かな読み

くへごしに|むぎはむこうまの|はつはつに|あひみしこらし|あやにかなしも

カタカナ読み

クヘゴシニ|ムギハムコウマノ|ハツハツニ|アヒミシコラシ|アヤニカナシモ

ローマ字読み|大文字

KUHEGOSHINI|MUGIHAMUKOMANO|HATSUHATSUNI|AHIMISHIKORASHI|AYANIKANASHIMO

ローマ字読み|小文字

kuhegoshini|mugihamukomano|hatsuhatsuni|ahimishikorashi|ayanikanashimo

左注|左註

或本歌曰|宇麻勢胡之|牟伎波武古麻能|波都々々尓|仁必波太布礼思|古呂之可奈思母

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|異伝|動物|序詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

くへごしに,[寛]くへこしに,
むぎはむこうまの,[寛]むきはむこうまの,
はつはつに,[寛]はつはつて,
あひみしこらし[寛],
あやにかなしも[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました