万葉集3560番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3560番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3560番について

歌番号

3560番

原文

麻可祢布久|尓布能麻曽保乃|伊呂尓R<弖>|伊波奈久能未曽|安我古布良久波

訓読

ま金ふく丹生のま朱の色に出て言はなくのみぞ我が恋ふらくは

かな読み

まかねふく|にふのまそほの|いろにでて|いはなくのみぞ|あがこふらくは

カタカナ読み

マカネフク|ニフノマソホノ|イロニデテ|イハナクノミゾ|アガコフラクハ

ローマ字読み|大文字

MAKANEFUKU|NIFUNOMASOHONO|IRONIDETE|IHANAKUNOMIZO|AGAKOFURAKUHA

ローマ字読み|小文字

makanefuku|nifunomasohono|ironidete|ihanakunomizo|agakofurakuha

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|地名|奈良|吉野|岐阜|序詞|尫柜蹋|恋情

校異

々->弖【元】【類】

寛永版本

まかねふく[寛],
にふのまそほの[寛],
いろにでて,[寛]いろにてて,
いはなくのみぞ,[寛]いはなくのみそ,
あがこふらくは,[寛]あかこふらくは,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました