万葉集3568番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3568番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3568番について

歌番号

3568番

原文

於久礼為弖|古非波久流思母|安佐我里能|伎美我由美尓母|奈良麻思物能乎

訓読

後れ居て恋ひば苦しも朝猟の君が弓にもならましものを

かな読み

おくれゐて|こひばくるしも|あさがりの|きみがゆみにも|ならましものを

カタカナ読み

オクレヰテ|コヒバクルシモ|アサガリノ|キミガユミニモ|ナラマシモノヲ

ローマ字読み|大文字

OKUREITE|KOHIBAKURUSHIMO|ASAGARINO|KIMIGAYUMINIMO|NARAMASHIMONO

ローマ字読み|小文字

okureite|kohibakurushimo|asagarino|kimigayuminimo|naramashimono

左注|左註

右二首<問>答

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|女歌|恋情|出発

校異

問【西(訂正右書)】【紀】【細】【温】

寛永版本

おくれゐて[寛],
こひばくるしも,[寛]こひはくるしも,
あさがりの,[寛]あさかりの,
きみがゆみにも,[寛]きみかゆみにも,
ならましものを[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました