万葉集3536番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3536番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3536番について

歌番号

3536番

原文

安加胡麻乎|宇知弖左乎妣吉|己許呂妣吉|伊可奈流勢奈可|和我理許武等伊布

訓読

赤駒を打ちてさ緒引き心引きいかなる背なか我がり来むと言ふ

かな読み

あかごまを|うちてさをびき|こころひき|いかなるせなか|わがりこむといふ

カタカナ読み

アカゴマヲ|ウチテサヲビキ|ココロヒキ|イカナルセナカ|ワガリコムトイフ

ローマ字読み|大文字

AKAGOMAO|UCHITESAOBIKI|KOKOROHIKI|IKANARUSENAKA|WAGARIKOMUTOIFU

ローマ字読み|小文字

akagomao|uchitesaobiki|kokorohiki|ikanarusenaka|wagarikomutoifu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|動物|女歌|怨恨|恋愛|序詞

校異

特に無し

寛永版本

あかごまを,[寛]あかこまを,
うちてさをびき,[寛]うちてさをひき,
こころひき[寛],
いかなるせなか[寛],
わがりこむといふ,[寛]わかりこむといふ,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました