万葉集4478番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4478番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4478番について

歌番号

4478番

原文

佐保河波尓|許保里和多礼流|宇須良婢乃|宇須伎許己呂乎|和我於毛波奈久尓

訓読

佐保川に凍りわたれる薄ら氷の薄き心を我が思はなくに

かな読み

さほがはに|こほりわたれる|うすらびの|うすきこころを|わがおもはなくに

カタカナ読み

サホガハニ|コホリワタレル|ウスラビノ|ウスキココロヲ|ワガオモハナクニ

ローマ字読み|大文字

SAHOGAHANI|KOHORIWATARERU|USURABINO|USUKIKOKORO|WAGAOMOHANAKUNI

ローマ字読み|小文字

sahogahani|kohoriwatareru|usurabino|usukikokoro|wagaomohanakuni

左注|左註

右件四首傳讀兵部大丞大原今城

事項|分類・ジャンル

地名|奈良|序詞|恋歌|大原今城|伝誦|古歌|相聞

校異

特に無し

寛永版本

さほがはに,[寛]さほかはに,
こほりわたれる[寛],
うすらびの,[寛]うすらひの,
うすきこころを[寛],
わがおもはなくに,[寛]わかおもはなくに,

巻数

第20巻

作者

大原櫻井

タイトルとURLをコピーしました