万葉集3569番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3569番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3569番について

歌番号

3569番

原文

佐伎母理尓|多知之安佐氣乃|可奈刀R尓|手婆奈礼乎思美|奈吉思兒良<波>母

訓読

防人に立ちし朝開の金戸出にたばなれ惜しみ泣きし子らはも

かな読み

さきもりに|たちしあさけの|かなとでに|たばなれをしみ|なきしこらはも

カタカナ読み

サキモリニ|タチシアサケノ|カナトデニ|タバナレヲシミ|ナキシコラハモ

ローマ字読み|大文字

SAKIMORINI|TACHISHIASAKENO|KANATODENI|TABANAREOSHIMI|NAKISHIKORAHAMO

ローマ字読み|小文字

sakimorini|tachishiasakeno|kanatodeni|tabanareoshimi|nakishikorahamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|防人|出発|羈旅|望郷|恋情

校異

婆->波【類】

寛永版本

さきもりに[寛],
たちしあさけの[寛],
かなとでに,[寛]かなとてに,
たばなれをしみ,[寛]てはなれをしみ,
なきしこらはも[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました