万葉集3533番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3533番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3533番について

歌番号

3533番

原文

比登乃兒乃|可奈思家之太波|々麻渚杼里|安奈由牟古麻能|乎之家口母奈思

訓読

人の子の愛しけしだは浜洲鳥足悩む駒の惜しけくもなし

かな読み

ひとのこの|かなしけしだは|はますどり|あなゆむこまの|をしけくもなし

カタカナ読み

ヒトノコノ|カナシケシダハ|ハマスドリ|アナユムコマノ|ヲシケクモナシ

ローマ字読み|大文字

HITONOKONO|KANASHIKESHIDAHA|HAMASUDORI|ANAYUMUKOMANO|OSHIKEKUMONASHI

ローマ字読み|小文字

hitonokono|kanashikeshidaha|hamasudori|anayumukomano|oshikekumonashi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|動物|恋情

校異

乃【元】【類】能

寛永版本

ひとのこの[寛],
かなしけしだは,[寛]かなしけしたは,
はますどり,[寛]はますとり,
あなゆむこまの[寛],
をしけくもなし[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました