万葉集3530番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3530番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3530番について

歌番号

3530番

原文

左乎思鹿能|布須也久草無良|見要受等母|兒呂我可奈門欲|由可久之要思母

訓読

さを鹿の伏すや草むら見えずとも子ろが金門よ行かくしえしも

かな読み

さをしかの|ふすやくさむら|みえずとも|ころがかなとよ|ゆかくしえしも

カタカナ読み

サヲシカノ|フスヤクサムラ|ミエズトモ|コロガカナトヨ|ユカクシエシモ

ローマ字読み|大文字

SAOSHIKANO|FUSUYAKUSAMURA|MIEZUTOMO|KOROGAKANATOYO|YUKAKUSHIESHIMO

ローマ字読み|小文字

saoshikano|fusuyakusamura|miezutomo|korogakanatoyo|yukakushieshimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|動物|恋愛|序詞

校異

特に無し

寛永版本

さをしかの[寛],
ふすやくさむら[寛],
みえずとも,[寛]みえすとも,
ころがかなとよ,[寛]ころかかなとよ,
ゆかくしえしも[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました