万葉集3553番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3553番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3553番について

歌番号

3553番

原文

安治可麻能|可家能水奈刀尓|伊流思保乃|許弖多受久毛可|伊里弖祢麻久母

訓読

あじかまの可家の港に入る潮のこてたずくもが入りて寝まくも

かな読み

あぢかまの|かけのみなとに|いるしほの|こてたずくもが|いりてねまくも

カタカナ読み

アヂカマノ|カケノミナトニ|イルシホノ|コテタズクモガ|イリテネマクモ

ローマ字読み|大文字

AJIKAMANO|KAKENOMINATONI|IRUSHIHONO|KOTETAZUKUMOGA|IRITENEMAKUMO

ローマ字読み|小文字

ajikamano|kakenominatoni|irushihono|kotetazukumoga|iritenemakumo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|地名|愛知県|序詞|尫柜蹋|恋情

校異

特に無し

寛永版本

あぢかまの,[寛]あちかまの,
かけのみなとに[寛],
いるしほの[寛],
こてたずくもが,[寛]こてたすくもか,
いりてねまくも[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました