万葉集3565番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3565番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3565番について

歌番号

3565番

原文

可能古呂等|宿受夜奈里奈牟|波太須酒伎|宇良野乃夜麻尓|都久可多与留母

訓読

かの子ろと寝ずやなりなむはだすすき宇良野の山に月片寄るも

かな読み

かのころと|ねずやなりなむ|はだすすき|うらののやまに|つくかたよるも

カタカナ読み

カノコロト|ネズヤナリナム|ハダススキ|ウラノノヤマニ|ツクカタヨルモ

ローマ字読み|大文字

KANOKOROTO|NEZUYANARINAMU|HADASUSUKI|URANONOYAMANI|TSUKUKATAYORUMO

ローマ字読み|小文字

kanokoroto|nezuyanarinamu|hadasusuki|uranonoyamani|tsukukatayorumo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|植物|地名|長野県|恋情

校異

特に無し

寛永版本

かのころと[寛],
ねずやなりなむ,[寛]ねすやなりなむ,
はだすすき,[寛]はたすすき,
うらののやまに[寛],
つくかたよるも[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました