万葉集3552番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3552番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3552番について

歌番号

3552番

原文

麻都我宇良尓|佐和恵宇良太知|麻比<登>其等|於毛抱須奈母呂|和賀母抱乃須毛

訓読

まつが浦にさわゑうら立ちま人言思ほすなもろ我が思ほのすも

かな読み

まつがうらに|さわゑうらだち|まひとごと|おもほすなもろ|わがもほのすも

カタカナ読み

マツガウラニ|サワヱウラダチ|マヒトゴト|オモホスナモロ|ワガモホノスモ

ローマ字読み|大文字

MATSUGAURANI|SAWAEURADACHI|MAHITOGOTO|OMOHOSUNAMORO|WAGAMOHONOSUMO

ローマ字読み|小文字

matsugaurani|sawaeuradachi|mahitogoto|omohosunamoro|wagamohonosumo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|地名|宮城県|福島県|尫柜蹋|恋愛|女歌

校異

等->登【元】【類】【紀】

寛永版本

まつがうらに,[寛]まつかうらに,
さわゑうらだち,[寛]さわゑうらたち,
まひとごと,[寛]まひとこと
おもほすなもろ[寛],
わがもほのすも,[寛]わかもほのすも,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました