戯笑

スポンサーリンク
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4447番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4447番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4447番について歌番号4447番原文麻比之都々|伎美我於保世流|奈弖之故我|波奈乃未等波無|伎美奈良奈久尓訓読賄しつつ君が生ほせるなでしこが花のみ問はむ君ならなくにかな読み...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4456番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4456番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4456番について歌番号4456番原文麻須良乎等|於毛敝流母能乎|多知波吉弖|可尓波乃多為尓|世理曽都美家流訓読大夫と思へるものを太刀佩きて可尓波の田居に芹ぞ摘みけるかな読み...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4191番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4191番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4191番について歌番号4191番原文鵜河立|取左牟安由能|之我波多波|吾等尓可伎氣|念之念婆訓読鵜川立ち取らさむ鮎のしがはたは我れにかき向け思ひし思はばかな読みうかはたち|...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4177番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4177番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4177番について歌番号4177番原文和我勢故等|手携而|暁来者|出立向|暮去者|授放見都追|念|見奈疑之山尓|八峯尓波|霞多奈婢伎|谿敝尓波|海石榴花咲|宇良悲|春之過者|...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4178番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4178番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4178番について歌番号4178番原文吾耳|聞婆不怜毛|霍公鳥|生之山邊尓|伊去鳴訓読我れのみし聞けば寂しも霍公鳥丹生の山辺にい行き鳴かにもかな読みわれのみし|きけばさぶしも...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4179番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4179番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4179番について歌番号4179番原文霍公鳥|夜喧乎為管|我世兒乎|安宿勿令寐|由米情在訓読霍公鳥夜鳴きをしつつ我が背子を安寐な寝しめゆめ心あれかな読みほととぎす|よなきをし...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3878番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3878番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3878番について歌番号3878番原文楯|熊来乃夜良尓|新羅斧|堕入|和之|河毛R河毛R|勿鳴為曽弥|浮出流夜登将見|和之訓読はしたての|熊来のやらに|新羅斧|落し入れ|わし...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3879番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3879番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3879番について歌番号3879番原文堦楯|熊来酒屋尓|真奴良留奴|和之|佐須比立|率而来奈麻之乎|真奴良留奴|和之訓読はしたての|熊来酒屋に|まぬらる奴|わし|さすひ立て|...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3853番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3853番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3853番について歌番号3853番原文石麻呂尓|吾物申|夏痩尓|跡云物曽|武奈伎取|訓読石麻呂に我れ物申す夏痩せによしといふものぞ鰻捕り食せ|かな読みいはまろに|われものまを...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3854番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3854番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3854番について歌番号3854番原文痩々母|生有者将在乎|波多也波多|武奈伎乎漁取跡|河尓流勿訓読痩す痩すも生けらばあらむをはたやはた鰻を捕ると川に流るなかな読みやすやすも...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3858番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3858番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3858番について歌番号3858番原文比来之|吾戀力|記集|功尓申者|五位乃冠訓読このころの我が恋力記し集め功に申さば五位の冠かな読みこのころの|あがこひぢから|しるしあつめ...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3859番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3859番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3859番について歌番号3859番原文者之|吾戀力|不給者|京兆尓|出而将訴訓読このころの我が恋力賜らずはみさとづかさに出でて訴へむかな読みこのころの|あがこひぢから|たばら...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3845番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3845番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3845番について歌番号3845番原文造駒|土師乃志婢麻呂|白有者|諾欲将有|其黒色乎訓読駒造る土師の志婢麻呂白くあればうべ欲しからむその黒色をかな読みこまつくる|はじのしび...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3846番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3846番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3846番について歌番号3846番原文法師等之|鬚乃剃杭|馬繋|痛勿引曽|僧半甘訓読法師らが鬚の剃り杭馬繋いたくな引きそ法師は泣かむかな読みほふしらが|ひげのそりくひ|うまつ...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3847番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3847番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3847番について歌番号3847番原文檀越也|然勿言|戸我|課役徴者|汝毛半甘訓読壇越やしかもな言ひそ里長が課役徴らば汝も泣かむかな読みだにをちや|しかもないひそ|さとをさが...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3834番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3834番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3834番について歌番号3834番原文成棗|寸三二粟嗣|延田葛乃|後毛将相跡|葵花咲訓読梨棗黍に粟つぎ延ふ葛の後も逢はむと葵花咲くかな読みなしなつめ|きみにあはつぎ|はふくず...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3835番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3835番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3835番について歌番号3835番原文勝間田之|池者我知|蓮無|然言君之|鬚無如之訓読勝間田の池は我れ知る蓮なししか言ふ君が鬚なきごとしかな読みかつまたの|いけはわれしる|は...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3836番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3836番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3836番について歌番号3836番原文奈良山乃|兒手柏之|兩面尓|左毛右毛|人之友訓読奈良山の児手柏の両面にかにもかくにも侫人の伴かな読みならやまの|このてかしはの|ふたおも...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3840番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3840番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3840番について歌番号3840番原文寺々之|女餓鬼申久|大神乃|男餓鬼被給而|其子将播訓読寺々の女餓鬼申さく大神の男餓鬼賜りてその子産まはむかな読みてらてらの|めがきまをさ...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3841番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3841番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3841番について歌番号3841番原文佛造|真朱不足者|水渟|池田乃阿曽我|鼻上乎穿礼訓読仏造るま朱足らずは水溜まる池田の朝臣が鼻の上を掘れかな読みほとけつくる|まそほたらず...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3842番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3842番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3842番について歌番号3842番原文小兒等|草者勿苅|八穂蓼乎|穂積乃阿曽我|腋草乎可礼訓読童ども草はな刈りそ八穂蓼を穂積の朝臣が腋草を刈れかな読みわらはども|くさはなかり...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3843番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3843番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3843番について歌番号3843番原文何所曽|真朱穿岳|薦疊|平群乃阿曽我|鼻上乎穿礼訓読いづくにぞま朱掘る岡薦畳平群の朝臣が鼻の上を掘れかな読みいづくにぞ|まそほほるをか|...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3844番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3844番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3844番について歌番号3844番原文烏玉之|斐太乃大黒|毎見|巨勢乃小黒之|所念可聞訓読ぬばたまの斐太の大黒見るごとに巨勢の小黒し思ほゆるかもかな読みぬばたまの|ひだのおほ...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3825番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3825番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3825番について歌番号3825番原文食薦敷|蔓菁煮将来|a尓|行騰懸而|息此公訓読食薦敷き青菜煮て来む梁にむかばき懸けて休むこの君かな読みすごもしき|あをなにてこむ|うつは...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3826番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3826番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3826番について歌番号3826番原文蓮葉者|如是許曽有物|意吉麻呂之|家在物者|毛乃葉尓有之訓読蓮葉はかくこそあるもの意吉麻呂が家なるものは芋の葉にあらしかな読みはちすばは...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3827番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3827番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3827番について歌番号3827番原文一二之目|耳不有|五六三|四佐倍有|雙六乃佐叡訓読一二の目のみにはあらず五六三四さへありけり双六のさえかな読みいちにのめ|のみにはあらず...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3828番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3828番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3828番について歌番号3828番原文香塗流|塔尓莫依|川隈乃|屎鮒喫有|痛女奴訓読香塗れる塔にな寄りそ川隈の屎鮒食めるいたき女奴かな読みかうぬれる|たふになよりそ|かはくま...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3829番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3829番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3829番について歌番号3829番原文醤酢尓|蒜都伎合而|鯛願|吾尓勿所見|水ク乃煮物訓読醤酢に蒜搗きかてて鯛願ふ我れにな見えそ水葱の羹かな読みひしほすに|ひるつきかてて|た...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3830番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3830番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3830番について歌番号3830番原文玉掃|苅来鎌麻呂|室乃樹|與棗本|可吉将掃為訓読玉掃刈り来鎌麻呂むろの木と棗が本とかき掃かむためかな読みたまばはき|かりこかままろ|むろ...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3831番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3831番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3831番について歌番号3831番原文池神|力土儛可母|白鷺乃|桙啄持而|飛渡良武訓読池神の力士舞かも白鷺の桙啄ひ持ちて飛び渡るらむかな読みいけがみの|りきじまひかも|しらさ...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3832番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3832番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3832番について歌番号3832番原文枳|蕀原苅除曽氣|倉将立|屎遠麻礼|櫛造刀自訓読からたちと茨刈り除け倉建てむ屎遠くまれ櫛造る刀自かな読みからたちと|うばらかりそけ|くら...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3816番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3816番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3816番について歌番号3816番原文家尓有之|櫃尓鏁刺|蔵而師|戀乃奴之|束見懸而訓読家にありし櫃にかぎさし蔵めてし恋の奴のつかみかかりてかな読みいへにありし|ひつにかぎさ...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3817番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3817番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3817番について歌番号3817番原文可流羽須波|田廬乃毛等尓|吾兄子者|二布夫尓咲而|立麻為所見|訓読かるうすは田ぶせの本に我が背子はにふぶに笑みて立ちませり見ゆ|かな読み...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3818番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3818番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3818番について歌番号3818番原文朝霞|香火屋之下乃|鳴川津|之努比管有常|将告兒毛欲得訓読朝霞鹿火屋が下の鳴くかはづ偲ひつつありと告げむ子もがもかな読みあさかすみ|かひ...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3821番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3821番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3821番について歌番号3821番原文美麗物|何所不飽矣|坂門等之|角乃布久礼尓|四具比相尓計六訓読うましものいづく飽かじをさかとらが角のふくれにしぐひ合ひにけむかな読みうま...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3824番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3824番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3824番について歌番号3824番原文刺名倍尓|湯和可世子等|櫟津乃|桧橋従来許武|狐尓安牟佐武訓読さし鍋に湯沸かせ子ども櫟津の桧橋より来む狐に浴むさむかな読みさしなべに|ゆ...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3450番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3450番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3450番について歌番号3450番原文乎久佐乎等|乎具佐受家乎等|斯抱布祢乃|那良敝弖美礼婆|乎具佐可馬利訓読乎久佐男と乎具佐受家男と潮舟の並べて見れば乎具佐勝ちめりかな読み...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3440番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3440番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3440番について歌番号3440番原文許乃河泊尓|安佐菜安良布兒|奈礼毛安礼毛|余知乎曽母弖流|伊R兒多婆里尓|訓読この川に朝菜洗ふ子汝れも我れもよちをぞ持てるいで子給りに|...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3302番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3302番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3302番について歌番号3302番原文紀伊國之|室之江邊尓|千尓|障事無|万世尓|如是将登|大舟之|思恃而|出立之|清瀲尓|朝名寸二|来依深海松|夕難岐尓|来依縄法|深海松之...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3270番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3270番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3270番について歌番号3270番原文刺将焼|小屋之四忌屋尓|掻将棄|破薦乎敷而|所将折|鬼之四忌手乎|指易而|将宿君故|赤根刺|晝者終尓|野干玉之|夜者須柄尓|此床乃|比師...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2832番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2832番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2832番について歌番号2832番原文山河尓|筌乎伏而|不肯盛|之八歳乎|吾竊儛師訓読山川に筌を伏せて守りもあへず年の八年を我がぬすまひしかな読みやまがはに|うへをふせて|も...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1403番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1403番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1403番について歌番号1403番原文三幣帛取|神之祝我|鎮齋杉原|燎木伐|殆之國|手斧所取奴訓読御幣取り三輪の祝が斎ふ杉原薪伐りほとほとしくに手斧取らえぬか...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集780番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集780番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集780番について歌番号780番原文黒樹取|草毛苅乍|仕目利|勤氣登|将譽十方不有|訓読黒木取り草も刈りつつ仕へめどいそしきわけとほめむともあらず|かな読みくろき...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集627番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集627番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集627番について歌番号627番原文吾手本|将巻跡念牟|大夫者|水|白髪生二有訓読我がたもとまかむと思はむ大夫は変若水求め白髪生ひにけりかな読みわがたもと|まかむ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集564番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集564番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集564番について歌番号564番原文山菅|實不成事乎|吾尓所依|言礼師君者|与孰可宿良牟訓読山菅の実ならぬことを我れに寄せ言はれし君は誰れとか寝らむかな読みやます...
タイトルとURLをコピーしました