万葉集3859番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3859番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3859番について

歌番号

3859番

原文

<頃>者之|吾戀力|不給者|京兆尓|出而将訴

訓読

このころの我が恋力賜らずはみさとづかさに出でて訴へむ

かな読み

このころの|あがこひぢから|たばらずは|みさとづかさに|いでてうれへむ

カタカナ読み

コノコロノ|アガコヒヂカラ|タバラズハ|ミサトヅカサニ|イデテウレヘム

ローマ字読み|大文字

KONOKORONO|AGAKOHIJIKARA|TABARAZUHA|MISATOZUKASANI|IDETEUREHEMU

ローマ字読み|小文字

konokorono|agakohijikara|tabarazuha|misatozukasani|ideteurehemu

左注|左註

右歌二首

事項|分類・ジャンル

雑歌|恋情|戯笑|嘲笑|誦詠|宴席

校異

項->頃【温】【細】

寛永版本

このころの[寛],
あがこひぢから,[寛]わかこひちから,
たばらずは,[寛]たまはすは,
みさとづかさに,[寛]みやこにいてて,
いでてうれへむ,[寛]いててうたへまうさむ,

巻数

第16巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました