万葉集3847番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3847番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3847番について

歌番号

3847番

原文

檀越也|然勿言|<五十>戸<長>我|課役徴者|汝毛半甘

訓読

壇越やしかもな言ひそ里長が課役徴らば汝も泣かむ

かな読み

だにをちや|しかもないひそ|さとをさが|えだちはたらば|いましもなかむ

カタカナ読み

ダニヲチヤ|シカモナイヒソ|サトヲサガ|エダチハタラバ|イマシモナカム

ローマ字読み|大文字

DANIOCHIYA|SHIKAMONAIHISO|SATOSAGA|EDACHIHATARABA|IMASHIMONAKAMU

ローマ字読み|小文字

daniochiya|shikamonaihiso|satosaga|edachihataraba|imashimonakamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|報贈|戯笑|嘲笑

校異

弖->五十【万葉集古義】|等->長【万葉集新考】

寛永版本

だにをちや,[寛]たむをちや,
しかもないひそ[寛],
さとをさが,[寛]てこらわか,
えだちはたらば,[寛]えたすはたらは,
いましもなかむ,[寛]なれもなからかも,

巻数

第16巻

作者

タイトルとURLをコピーしました