万葉集4191番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4191番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4191番について

歌番号

4191番

原文

鵜河立|取左牟安由能|之我波多波|吾等尓可伎<无>氣|念之念婆

訓読

鵜川立ち取らさむ鮎のしがはたは我れにかき向け思ひし思はば

かな読み

うかはたち|とらさむあゆの|しがはたは|われにかきむけ|おもひしおもはば

カタカナ読み

ウカハタチ|トラサムアユノ|シガハタハ|ワレニカキムケ|オモヒシオモハバ

ローマ字読み|大文字

UKAHATACHI|TORASAMUAYUNO|SHIGAHATAHA|WARENIKAKIMUKE|OMOHISHIOMOHABA

ローマ字読み|小文字

ukahatachi|torasamuayuno|shigahataha|warenikakimuke|omohishiomohaba

左注|左註

右九日附使贈之

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年4月9日年紀|贈答|大伴池主|戯笑|高岡|富山

校異

無->无【元】【類】

寛永版本

うかはたち[寛],
とらさむあゆの[寛],
しがはたは,[寛]しかはたは,
われにかきむけ[寛],
おもひしおもはば,[寛]おもひしおもはは,

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました