万葉集3878番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3878番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3878番について

歌番号

3878番

原文

<堦>楯|熊来乃夜良尓|新羅斧|堕入|和之|河毛R河毛R|勿鳴為曽弥|浮出流夜登将見|和之

訓読

はしたての|熊来のやらに|新羅斧|落し入れ|わし|かけてかけて|な泣かしそね|浮き出づるやと見む|わし

かな読み

はしたての|くまきのやらに|しらきをの|おとしいれ|わし|かけてかけて|ななかしそね|うきいづるやとみむ|わし

カタカナ読み

ハシタテノ|クマキノヤラニ|シラキヲノ|オトシイレ|ワシ|カケテカケテ|ナナカシソネ|ウキイヅルヤトミム|ワシ

ローマ字読み|大文字

HASHITATENO|KUMAKINOYARANI|SHIRAKIONO|OTOSHIIRE|WASHI|KAKETEKAKETE|NANAKASHISONE|UKIIZURUYATOMIMU|WASHI

ローマ字読み|小文字

hashitateno|kumakinoyarani|shirakiono|otoshiire|washi|kaketekakete|nanakashisone|ukiizuruyatomimu|washi

左注|左註

右一首傳云|或有愚人|斧堕海底而不解鐵沈無理浮水|聊作此歌口吟為喩也

事項|分類・ジャンル

雑歌|石川|枕詞|民謡|歌謡|中島町|伝承|嘲笑|戯笑

校異

楷->堦【尼】【類】【紀】|河【類】(塙)阿

寛永版本

はしたての[寛],
くまきのやらに[寛],
しらきをの[寛],
おとしいれ,[寛]おとしいるる,
わし[寛],
かけてかけて[寛],
ななかしそね[寛],
うきいづるやとみむ,[寛]うきいつるやとはたみてむ,
わし[寛],

巻数

第16巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました