万葉集3835番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3835番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3835番について

歌番号

3835番

原文

勝間田之|池者我知|蓮無|然言君之|鬚無如之

訓読

勝間田の池は我れ知る蓮なししか言ふ君が鬚なきごとし

かな読み

かつまたの|いけはわれしる|はちすなし|しかいふきみが|ひげなきごとし

カタカナ読み

カツマタノ|イケハワレシル|ハチスナシ|シカイフキミガ|ヒゲナキゴトシ

ローマ字読み|大文字

KATSUMATANO|IKEHAWARESHIRU|HACHISUNASHI|SHIKAIFUKIMIGA|HIGENAKIGOTOSHI

ローマ字読み|小文字

katsumatano|ikehawareshiru|hachisunashi|shikaifukimiga|higenakigotoshi

左注|左註

右或有人聞之曰|新田部親王出遊于堵裏御見勝間田之池感緒御心之中|還自彼池不任怜愛|於時語婦人曰|今日遊行見勝<間>田池|水影涛々蓮花|灼々|A怜断腸不可得言|尓乃婦人作此戯歌專輙吟詠也

事項|分類・ジャンル

雑歌|伝承|新田部皇子|植物|地名|奈良|物名|戯笑|宴席

校異

->間【古】【温】【矢】【京】

寛永版本

かつまたの[寛],
いけはわれしる[寛],
はちすなし[寛],
しかいふきみが,[寛]しかいふきみか,
ひげなきごとし,[寛]ひけなきかこと,

巻数

第16巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました