万葉集4178番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4178番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集4178番について

歌番号

4178番

原文

吾耳|聞婆不怜毛|霍公鳥|<丹>生之山邊尓|伊去鳴<尓毛>

訓読

我れのみし聞けば寂しも霍公鳥丹生の山辺にい行き鳴かにも

かな読み

われのみし|きけばさぶしも|ほととぎす|にふのやまへに|いゆきなかにも

カタカナ読み

ワレノミシ|キケバサブシモ|ホトトギス|ニフノヤマヘニ|イユキナカニモ

ローマ字読み|大文字

WARENOMISHI|KIKEBASABUSHIMO|HOTOTOGISU|NIFUNOYAMAHENI|IYUKINAKANIMO

ローマ字読み|小文字

warenomishi|kikebasabushimo|hototogisu|nifunoyamaheni|iyukinakanimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

天平勝宝2年4月3日年紀|動物|恋情|戯笑|大伴池主|贈答|懐旧|高岡|富山

校異

舟->丹【西(訂正)】【元】【類】【紀】|->尓毛【西(左書)】【元】【類】【紀】

寛永版本

われのみし,[寛]ひとりのみ,
きけばさぶしも,[寛]きけはさひしも,
ほととぎす,[寛]ほとときす,
にふのやまへに[寛],
いゆきなかにも,[寛]いゆきなくにも,

巻数

第19巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました