万葉集3846番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3846番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3846番について

歌番号

3846番

原文

法師等之|鬚乃剃杭|馬繋|痛勿引曽|僧半甘

訓読

法師らが鬚の剃り杭馬繋いたくな引きそ法師は泣かむ

かな読み

ほふしらが|ひげのそりくひ|うまつなぎ|いたくなひきそ|ほふしはなかむ

カタカナ読み

ホフシラガ|ヒゲノソリクヒ|ウマツナギ|イタクナヒキソ|ホフシハナカム

ローマ字読み|大文字

HOFUSHIRAGA|HIGENOSORIKUHI|UMATSUNAGI|ITAKUNAHIKISO|HOFUSHIHANAKAMU

ローマ字読み|小文字

hofushiraga|higenosorikuhi|umatsunagi|itakunahikiso|hofushihanakamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|戯笑|嘲笑

校異

特に無し

寛永版本

ほふしらが,[寛]ほふしらか,
ひげのそりくひ,[寛]ひけのそりくひ,
うまつなぎ,[寛]うまつなき,
いたくなひきそ[寛],
ほふしはなかむ,[寛]ほうしなからかも,

巻数

第16巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました