万葉集3816番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3816番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3816番について

歌番号

3816番

原文

家尓有之|櫃尓鏁刺|蔵而師|戀乃奴之|束見懸而

訓読

家にありし櫃にかぎさし蔵めてし恋の奴のつかみかかりて

かな読み

いへにありし|ひつにかぎさし|をさめてし|こひのやつこの|つかみかかりて

カタカナ読み

イヘニアリシ|ヒツニカギサシ|ヲサメテシ|コヒノヤツコノ|ツカミカカリテ

ローマ字読み|大文字

IHENIARISHI|HITSUNIKAGISASHI|OSAMETESHI|KOHINOYATSUKONO|TSUKAMIKAKARITE

ローマ字読み|小文字

iheniarishi|hitsunikagisashi|osameteshi|kohinoyatsukono|tsukamikakarite

左注|左註

右歌一首穂積親王宴飲之日酒酣之時好誦斯歌以為恒賞也

事項|分類・ジャンル

雑歌|宴席|伝承|誦詠|戯笑|恋愛

校異

歌【西】謌

寛永版本

いへにありし[寛],
ひつにかぎさし,[寛]ひつにさらさし,
をさめてし[寛],
こひのやつこの[寛],
つかみかかりて[寛],

巻数

第16巻

作者

穂積皇子

タイトルとURLをコピーしました