万葉集3825番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3825番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3825番について

歌番号

3825番

原文

食薦敷|蔓菁煮将来|a尓|行騰懸而|息此公

訓読

食薦敷き青菜煮て来む梁にむかばき懸けて休むこの君

かな読み

すごもしき|あをなにてこむ|うつはりに|むかばきかけて|やすむこのきみ

カタカナ読み

スゴモシキ|アヲナニテコム|ウツハリニ|ムカバキカケテ|ヤスムコノキミ

ローマ字読み|大文字

SUGOMOSHIKI|AONANITEKOMU|UTSUHARINI|MUKABAKIKAKETE|YASUMUKONOKIMI

ローマ字読み|小文字

sugomoshiki|aonanitekomu|utsuharini|mukabakikakete|yasumukonokimi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|物名|宴席|戯笑|即興|誦詠|植物

校異

特に無し

寛永版本

すごもしき,[寛]すこもしき,
あをなにてこむ,[寛]あをなにもてこ,
うつはりに[寛],
むかばきかけて,[寛]むかはきかけて,
やすむこのきみ[寛],

巻数

第16巻

作者

長意吉麻呂

タイトルとURLをコピーしました