万葉集3829番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3829番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3829番について

歌番号

3829番

原文

醤酢尓|蒜都伎合而|鯛願|吾尓勿所見|水ク乃煮物

訓読

醤酢に蒜搗きかてて鯛願ふ我れにな見えそ水葱の羹

かな読み

ひしほすに|ひるつきかてて|たひねがふ|われになみえそ|なぎのあつもの

カタカナ読み

ヒシホスニ|ヒルツキカテテ|タヒネガフ|ワレニナミエソ|ナギノアツモノ

ローマ字読み|大文字

HISHIHOSUNI|HIRUTSUKIKATETE|TAHINEGAFU|WARENINAMIESO|NAGINOATSUMONO

ローマ字読み|小文字

hishihosuni|hirutsukikatete|tahinegafu|wareninamieso|naginoatsumono

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|物名|宴席|戯笑|即興|誦詠|植物|動物

校異

特に無し

寛永版本

ひしほすに[寛],
ひるつきかてて[寛],
たひねがふ,[寛]たいねかふ,
われになみえそ,[寛]われになみせそ,
なぎのあつもの,[寛]なきのあつもの,

巻数

第16巻

作者

長意吉麻呂

タイトルとURLをコピーしました