万葉集3450番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3450番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3450番について

歌番号

3450番

原文

乎久佐乎等|乎具佐受家乎等|斯抱布祢乃|那良敝弖美礼婆|乎具佐可<知>馬利

訓読

乎久佐男と乎具佐受家男と潮舟の並べて見れば乎具佐勝ちめり

かな読み

をくさをと|をぐさずけをと|しほぶねの|ならべてみれば|をぐさかちめり

カタカナ読み

ヲクサヲト|ヲグサズケヲト|シホブネノ|ナラベテミレバ|ヲグサカチメリ

ローマ字読み|大文字

OKUSAOTO|OGUSAZUKEOTO|SHIHOBUNENO|NARABETEMIREBA|OGUSAKACHIMERI

ローマ字読み|小文字

okusaoto|ogusazukeoto|shihobuneno|narabetemireba|ogusakachimeri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|雑歌|地名|宴席|戯笑

校異

利->知【類】

寛永版本

をくさをと[寛],
をぐさずけをと,[寛]をくさすけをと,
しほぶねの,[寛]しほふねの,
ならべてみれば,[寛]ならへてみれは,
をぐさかちめり,[寛]をくさかりめり,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました